建設業


建設業の経営者の皆様、後継者への経営引継ぎを準備していますか?
個人で許可を取っている方は後継者に建設業を譲る場合、後継者の方が新規で建設業許可を取ることになります。
新規の許可をとるために必要な経営業務の管理責任者・専任技術者の要件を満たすには、5年とか10年の経験が必要となります。
予め準備をしておかないとスムーズな事業承継ができません。
どのような形で事業を継いでもらうのが良いか、そのためにはどのような準備が必要か個々のケースにあったアドバイスをさせていただきます。 



建設業許可を取っておられない事業主様。
元請から「許可がないと…」と言われたりしませんか。
建設業許可をとっていないと下請け工事を回してもらえないことがあります。
許可が取れるかどうかご相談ください。



建設業新規許可申請(個人・知事)  100,000円~
建設業新規許可申請(法人・知事)  120,000円~
建設業許可更新申請         50,000円~
決算変更届             30,000円~
経営事項審査一式(決算変更届・分析申請・経審)
                  100,000円~
入札参加資格審査申         20,000円~

別途、申請手数料が必要です。